トップページ 医院紹介 治療について 症例 アクセス

一般歯科
乳幼児からお年寄りまでの歯とお口に関する病気の治療をおこないます。
患者さんが歯科医院に通院した際に受ける歯科治療の大半が、一般歯科の範囲となります。

小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科と言った専門標榜科が生まれた為
科目を区分する目的で用いられています。



小児歯科
乳幼児期から永久歯が生え揃う学童期までを対象としています。
虫歯の治療や予防処置、永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように指導や治療をおこないます。
★一般歯科とはなにが違うの?
  治療の内容が違います。
  子供の場合は健全な永久歯を育てることを目的としているため
  治療方法、歯並び、薬、材料、予防法、経過観察等
  大人への対応とは異なります

★どのような方針で治療するの?
  治療や予防には通院していただく必要があります。

  そこで当院ではお子さんが楽しんで通っていただけるように
  常に心への負担を軽減する努力をおこなっています。

★詳細情報(主な治療内容)
  ・歯磨き指導
  ・シーラント            :奥歯の磨きにくい場所を樹脂で埋めます
  ・フッ素塗布            :歯を溶かす酸への抵抗力をつけます
  ・サホライド塗布        :殺菌による虫歯の進行止めです
  ・咬み合わせ確認
  ・食習慣へのアドバイス  :食べ続けると再石灰化がおこなわれず、歯が溶け続けてしまいます。
                            この状態を抑止するためにアドバイスをおこないます。


矯正歯科
対象の歯をあごの骨のなかで少しずつ動かしたり、あごを良い方向に動かすことで
きれいな歯並びや正しい噛み合わせを作る治療です。

歯並びをきれいにする事だけが目的ではなく
正常な咀嚼機能を取り戻し健全な身体と心をつくることを目的としています。

歯並びは噛み合わせ(食物を噛み切、砕き、消化を助ける等)と、審美(対人関係、発音、コンプレックス等)に
大きく影響しています。



審美歯科
肉体的及び精神的な健康の回復と維持を目的とし、セラミックやハイブリッドのさし歯、歯のホワイトニング、特殊義歯等によって
審美回復をおこないます。また矯正治療やインプラント治療が併用される事もあります。

見た目の美しさを整える白い歯を入れれば良いという事ではなく、きちんとした診療と治療の延長上に審美があります。